スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

互助会のこと

yjimage.jpg
ニュースを見ましたが、
また、大型の寒気団が来ているようです。
寒いですねぇ。。。
しばれますね。。。
しかし、仕事は仕事。
お通夜の外案内はしなければいけません。

葬儀屋さんは意外に体力勝負なんです。。。
ここは大阪、住吉区のとある葬儀屋。
年末、正月は来るのでしょうか。。。。


前回、 葬儀社を選ぶこと  という記事を書かせて頂いた時、
参考:http://daisyo01.blog.fc2.com/blog-entry-64.html
いろんな方から、反響を頂きました。

こと、多かったのが互助会の事でした。

しかも、一部大手の互助会です。。。

一番多かったのは、やはり、料金イメージが違いすぎる という事でした。

解りやすい話ではこんな感じです。
eZMkZNeqWVG.jpg
ある日、家に互助会の営業がきて、
30万円のプランに入って、月々2.000円の掛け金を払えば、
お葬式や、結婚式、安心ですよ!
という訳です。  
内容を聞いて、


xf3265073500.jpg
『 フムフム、確かに月々積み立てれば
いざという時、困る事はないなぁ 』

という事で契約をして、月々2.000円を払ってきました。




月日が経ち、
そのプランを使う時がやってきたので、契約してる互助会へ連絡をして、
お葬式をしたい旨を伝えました。

此方は、月々2.000円を支払い続け、
30万円で葬儀が出来るんンだ!これで安心!!

と思っていましたが、

見積もりを見てびっくり!!

yjimageMJ2Y76M8.jpgyjimageXQ5AEABM.jpgyjimage0XDJPIR1.jpg1916092a.jpg

30万円どころか、多額の請求額が。。。。

葬儀担当の人に聞くと、

このプランではお望みのお葬式は出来ないから、これだけ掛かりますよ

とのたまわれてしまったわけです。

ここに+お布施20万円程、1人5.000円の食事が人数分、来てくれた人へのお礼として渡す、粗供養、礼状
火葬料、マイクロバス、タクシー、その他諸々が別途必要だと。。。

yjimage0QTMKVUL.jpg

総額100万を超える金額に唖然とする。。。。

それが怒りに変わり、

きいてた話と違うやないかぁい!! 

 というも、

契約書に明記させて頂いてます。ここにご署名も頂いてますし、、、

(ものすごい小さい字で書いたぁぁる。。。。orz)

といわれ、

もう、日数的にもお葬式せなあかんし、新しく葬儀屋探す時間もないし、今更解約もできひん、、、

解約したいねんけど。。。

と切り出しても、

なかなか解約もさせてもらえず、どないもなれへんから

担当の人と話をし、なるべく安く済ませてもらうように話をし、

当初の見積もりから、いくらか割引された金額で
お葬式をせざる負えない状況。。。。



といったところでしょうか。。。


誤解を招きそうなので先に告げておきますが、
全ての互助会がこんなんではありません。

初期契約の際にしっかりと説明をされて、ご納得頂いてるところもちゃんとありますので。。。 



これは何が問題かというと

最初に契約をする段階で

営業の人が
何処までしっかりと説明をして、
契約する人が、
それをどこまでしっかりと理解できてるか


って所なんです。

大阪でよく聞く互助会の営業は

バンで移動して、町内をローラー作戦で1件1件しらみつぶしに当たります。

それを繰り返すものですから、
弊社のお客さんも
何かわからんけど契約してしまった
とい事例も発生するほどなんです。。。

とにかく強引。。。。
しかも説明不足、、、
ノルマをクリアするため必死での営業展開、これは何処の会社でもどの業種でも一緒です。

ただ、しっかりと説明はしないといけない!
入る方もしっかりと確認をして契約しないといけない。。。

後々、聞いてないよ!!と困るのは自分です。。。

施工段階でその時の営業っ!!!

ていっても、何年も前の話、

外注に振っていたり、辞めたり、
営業がつかまるわけもなく、
契約者が嫌な思いをするだけです。。。

契約時は

総額でいくら掛かるんだ、
追加金はこれぐらい出るんだ、
ご精算時にはこれぐらい要るんだと、


しっかり説明をしてくれる葬儀社を選んでください。。。。

皆様、ご確認の程を。。。。





スポンサーサイト

値段3

綺麗な夕焼けを見ると
写真を撮りたくてしょうがない。
たとえ仕事中でも、ムズムズする。
病気だろうか。。。。

IMG_2240.jpg







ここは大阪住吉区のとある葬儀屋。
私は入社1年を迎えた新入おっさんだ。



友人が葬儀代50万円を工面したいが、お金が全くないのでどうにかならんか2

まったくの『 背水の陣 』である。

借りるのもダメ。
ローンも危うい。
手持ちが全くない。
でもお葬式は出したい。。。。

こういう場合は区役所の福祉課に聞いてみるのが良い。

友人は収入が上がっている為、福祉葬は利用できない。
しかし、生活費を融資してくれる制度があった。
『生活福祉資金貸付制度』

葬儀代の場合
上限50万まで
据え置き期間半年、3年36回の返済
連帯保証人付であれば無利子 連保無しで年1.5%
通常の貸付と同じように審査があり、審査通れば融資を受けられる

これは使えるではないか!

ただ、問題がある

①事前審査が不可能。
(お葬式が確定してからの申請。 申請時、死亡届・見積もり等 が必要。)
②審査期間が2~3週間もかかる。
③福祉政策だからといって、必ず審査が通る、という保証は全くない。


融資がおりてからお葬式していたらご遺体は保てない。
先施工が必要だ。

ということは、してしまった後から融資通りませんでした。。。という話自体、通らない話だ
友人には絶対に審査を通ってもらわねばならない。




一番良い方法を考える。。。。

葬儀プランの見直し。 

葬儀は必要最低限、火葬をメインとした式に変更。 それでも10万円はかかる話だから。
その金額は、かき集めてでもなんとかするしか手が無い。
どれぐらい集まるのかは別として、本人の努力は必要不可欠だと思う。

②役所の福祉課に相談、生活福祉資金貸付制度の申請をする。

③会葬者にはお香典をちゃんと頂いて、少しでもお葬式の足しにする。

葬儀屋にもしっかり話をし、可能な限りの協力を得る


確実性の薄さを感じるが、これが現状で出来る 一番良い方法ではないだろうか。

つくづく、ある程度の貯金って絶対必要、て痛いほど感じる。。。


本日はこれで筆を置く次第。  おそまつ。



値段2

今日の大阪は暖かくなって来た。
低気圧が抜けたようだ。


ここは大阪住吉区のとある葬儀屋。
私は入社1年を迎えた新入おっさんだ。


ソチオリンピックで角野君が入賞した。おめでとう!
images1.jpgimagesCAGZTN3W.jpgimagesCAFGTBJY.jpg

今回のスロープスタイル、キッカー(ジャンプ台)は3連発だ。
おまけに巨大なキッカーで、
1620トリプルコーク(4回転半)や1440(4回転)などの大技が出る為、滞空時間を稼ぐ必要があり、上に上がるタイプのキッカーが採用されているようだ。
おそらく空中に放り出されるような感覚で、体感の高さは半端ないと思う。
飛びすぎると斜面の落差がすごくてヤバい。 
しかも着地してすぐアプローチなので、ミスがケガにつながる確率がグンと上がる。

いつもなら着地のタイミングでも まだ浮いているから、着地が合わせづらく、
しかもすぐキッカーが迫ってくる為、コントロールが絶対だ。
初心者のいる普通のゲレンデでは、まずお目にかかれない超ハードコース。
怪我人が出る中、ショーンホワイトが棄権したのも賢い選択だ。

優勝したコッツェンバーグはそんな中、ぶっ飛んでいた。

オリンピッカーは歴戦を重ねた強者だけあって、完璧なイメージを作り上げて参戦している。
みんなピタ着(完璧な着地)で合わせてきている。

さすがとしか言いようがない。

前回の話題に続き、
友人が葬儀代50万円を工面したいがお金が無いので、どうにかできんひんか を考える。

先ず思いつく全て ざっとあげてみよう。

①ローンを組む
②借りる
③保険を使う
④積立
⑤相談
⑥おれおれ詐欺
⑦踏み倒し


出来そうな現実的なものと言えばこんな感じだろうか。。
葬儀屋への支払いは、葬儀終了後にすぐ発生するため、それまでには用意が必要だ。

という事は、危ない、ってなった時には大方目途をつけとく必要がある
銀行に福沢諭吉がスタンバッていないので、亡くなってからでは遅い、という事だ。

葬儀屋に待ってくれというのも有りだが、
葬儀屋が待ってくれる期間は事情にもよるが、1週間~2週間が限界だろう。
なにより、そんな後味の悪い事を望むご当家もあまりいない。

友人の親父さんも生命保険等の加入はないし、友人も何かというあてが無いので
待ってもらう=踏み倒しになってしまうだろう。
先に用意出来ない物は、後にも用意は出来ない。
③、④、⑥、⑦はちょっと遠い手応えだ。。。


①ローンを組む 
葬儀代をローンにするという手はどうだろうか。 
『 全葬連 』に加盟している葬儀屋ならジャックスの葬儀ローンが使える。 ただ、ローンが通らなかったらお終いだ。。。

②か⑤をうまく活用するしか無い。

②の借りる は、何処から用立てするのが良さげか?
⑤の相談はどこに相談するのがベストか。。。


借りるなら、安全に借りれて、金利も気にしたい。

②借りる
カード枠があるのなら金利は高いが、キャッシングし、リボで払う という手が一つ。
事前にカード枠を100万くらいにアップしておきたい。

同様にカードでの支払い。 
 葬儀社が扱うカード会社にて精算、後程リボで払う。 

これにもまた、カード枠を増やす作業は必須だ。 
ただ、現金精算が通常な業界なので、多少の現金は必ず用意しておいた方が良い。
葬儀社によりけり、という事も忘れてはならない。

なにっ!! カードは枠いっぱいだって。。。


他の手を考えましょ。。。。

つづく。。。


 







意外と知らない値段

各地が雪の影響で結構な事になっているが、
現在 大阪は雨である。。。
ちょっとがっかり。


ここは大阪住吉区のとある葬儀屋。
私は入社1年を迎えた新入おっさんだ。


写真 4
朝起きると所々残った雪がチラホラ。。
これはある意味寂しい。
あれだけTVで雪注意!!
なんて期待を膨らましたのに。。。

しかし、皆さん、昨晩はこんな感じだったのだ! 

 ジャアーーーン!!!
雪1雪3












最愛の妻の喜びがお分かり頂けるだろうか! 
大阪でここまで積もるのも珍しい。
ジャストで味わえたのである! 愛娘は残念ながらお休み中。

お葬式の値段。

案外知らないけども重要である。

前回 『 無茶な相談 』 でもちょっと触れたが、
値段に関しては、どこかでお葬式を体験していても
支払がいくらなのか、なんてあまりわからない。


安い所を検索していけばネットサーフィンしていればいくらでも出てくる。
いま、葬儀業界では、値崩れ を起こしている。

言葉は悪いが、『 お葬式の安売り 』 は賛否両論だ。
しかし、
一昔前の様に、個人で200万、300万もかけるようなお葬式はめったにない。

調査によると、全国平均200万ぐらいで表示されているが、
ピンからキリまである為、平均と解釈しづらい。

敢えて平均とすれば、実際の平均は100万~150万くらいではないだろうか
1003.gif(グラフは日本消費者協会より抜粋)

何人来るか、祭壇をどの大きさにするか 
によって内容・金額が全然変わってくるのである


家族4~5人だけで。。と最初聞いててもいざお通夜となると、10人くらいは来るのである。
それを見越してこちらも準備をしないと、当日恐ろしいことになり、

『なんだ!この葬儀屋は!!段取りが悪い!!』

となってしまう為、多少人数が増えても大丈夫な様に
内容を決めていくのがセオリーだ。


==先日、私の友人としゃべっていたら、親父さんの話になった。==

親父さんは末期のガンで延命治療は中止している。
いつ亡くなってもおかしくない状態だ。
30代後半で母も他界、姉も嫁いでいる為、自分が喪主になる。
友人は小さいながらも会社を起こし、日々奮闘している。

しかし、困った事に
全く蓄えが無くいざお葬式を出すにしても、費用が捻出できない。という。

多少なりとも、会葬者も来るだろうから、最低でもどれくらいは見とかんとあかん?
と聞かれた。

友人が望んでいる式というのは、
とにかく安くとか、お焼きできればとか、会葬者はいないとかなら
切り詰めた金額で出来るが、そういうお葬式ではないだろう。

彼が会社をしていることも含めて、そう伝えた後、
私は 50万は見といた方がいい と答えた。

親族以外に20~30名、どなたが来られても、失礼もなく、適度に見栄えも良く、恥をかく事もなく、
一般的に済まそう
と思った時、無難な最低金額だ。

『う~~~ん』 と友人は考え込んだ。


他人事ではない。。。日々生活をしていくのに一杯一杯な家庭に、
いざ亡くなったとなったら、こんな高額を一気に用意できない。

かといって、安ければそれまでの事しか出来ない。


これを機に、 『 なんとかならんものか 』  と色々試行錯誤するようになった。 

これにて筆を置く次第。  おそまつ。 









無茶な相談

とても寒くなった。
また雪でも降りそうだ。


ここは大阪住吉区のとある葬儀屋。
入社1年目を迎えた新入おっさんだ。


先日車がいきなり故障した
IMG_0641.jpg


アクセルを踏んでも
ぶぼぼぼぼぼぼぼ~~~
っとかなり機嫌が悪い。


しまいには信号で止まってしまった。
時間も時間だが、お世話になっているガソリンスタンドへ持ち込んだ。

社長がほかの作業に割込む形で
ボンネットを開け、手際よく分解していく。

取外してテスト、パーツ替えてみてテスト、色々コチョコチョいじる中、
社長に聞いてみた。 
『 こんな作業だったら従業員に任したらどうか  と。
社長は笑いながら、

『車パッと見てパッと修理出来る奴は最近おれへんで。今は大概すぐ交換。1日預かりやろ?
すぐ乗って帰りたいやん?
その為に俺は今まで何台も潰しながらやってきてんねん。』

とても重みのある言葉だった。

しばらくすると、社長がテストランしに行ってOKサインを出して帰ってきた。
いい拭け上がりをして、いい感じだ。

『もう買換え考え時やぁ 4500円!』

4500円が高いのか安いのかはわからなかったが、車は以前より調子が良くなっていた。

価値ある と判断した金額は納得できる

葬儀をやってほしい。

と男性が扉を叩いた。中に入ってもらい話を聞く。

身寄りのない友人を自分が弔いたい。。誰もお葬式をあげる人がおらず、あまりにも不憫やから。
とその男性はつぶやいた。

孤独死が問題になっている、まさにその現場だ。

しばらく事情や情報を聞いていると、いくらでできるか、という話になった。

『ご予算はいくらぐらいでお考えですか?』

と聞くと、その男性は悪そびれる様子もなく、こう答えた。。。

『1万円。』
はい、1万円。1万円!?!


私は二度見してしまうほどびっくりしたのである。。。

男性はあっけらかんとこう続けた・・・

『いや、1万円で出来るって聞いたから。。。』

(誰がそんなん言うてんねん!!!!)

そこで上司がすかさず登場し、こう伝えた。

『大阪市内の方であれば、1万円で火葬は出来ますが、に入れないと焼いてくれません。
 ご遺体そのままは焼けないんです。
 ということは、棺代が別に掛かりますよね。
 棺だけご用意しても、オッチャンが警察にお迎えしに行く足がなければ、こちらでお運びする車代
 裸であの世に送る訳にもいきませんから、ドライアイスや着物、納棺料
 棺をそこらに置いとくなんてできひんから、安置所の料金も必要になってくるんです。
 1万円ていうのは、火葬料金の所だけお聞きになっただけで、
 人一人送るっていう事は、最低でもこれだけ準備が必要なんですよ。』

上司は冷静に男性にそう伝えると、男性は、

 『なあんや、1万円で出来るって聞いたのに。。。』

と、席を立った。 

(えっ!帰るの?!相談は??)

『オッチャン!』  と上司が声を掛けた。

期待外れやったわぁみたいな、小学生みたいなリアクションをした男性が振り向いた。

『ほんまに友達を送ってあげたいけど、お金が全くないゆうんやったら、この足で市役所に行って、福祉葬の相談しに行き。  ホンマに送ってあげたい と思うんやったら。』

男性は何も言わず出て行った。。。
そして、上司がわたしに行った。

『あのオッチャンな、、、今月3回目や。 相談来たの。』
『。。。。。。。』

ただ、オッチャンが妄想で話しているだけ、と切に希望し、扉を閉じた。

本日はこれで筆を置く始末。 おそまつ。

 

プロフィール

葬儀屋おっさん

Author:葬儀屋おっさん
大阪住吉区にある街の葬儀屋さん
フューネス・イフ大翔(ダイショウ) 
に入社した
おっさんのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。