スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬儀社を選ぶという事

今朝の雨は、
出勤時を襲う、まさに

『 バケツをひっくり返したような雨 』

IMG_1079_2014112915125196c.jpgIMG_1080_20141129151305977.jpg

駐車場から会社まで徒歩1分の間に

カバンからズボンから

グダグダになってしまう、まさに、呪いの雨。。。。

朝から勘弁してくださいなぁ。

いまでは何も無かった様に晴れていますが、ズボンは湿ったまま。。。。


葬儀社を決めるって、普段意識していますか?

あまりしませんね。

やっぱり事が起こらなければ意識しないもの。

こんなデータがあります。

GW-00037_20141129153947a3a.jpg

ちょと見づらいので画像クリック出来る方は見てみてください。

 葬儀社を事前に選んでいるか? 

という問いに、

65%の人が未決定、情報収集もしていない

【添付文中、誤字があり、決めておず ってなってますね 笑】

 他と比較したか、葬儀社選びに時間を掛けたか? 

という問いには

95%近くの人が 時間に余裕が無かった為、比較もしていない

と出ました。


そりゃぁそうです。。。
悠長に比較なんて出来る状態ではない事が殆どですから。。。。

出来れば、そんな事態を迎えたくない!

葬儀社を決めるなんて、死を認めるような事、したくない!


ていうところが、大半の心境としてあるんではないでしょうか。

以前、こんな話がありました。


弊社の社長のご友人がご病気で倒れて入院されました。

大変仲の良いご友人で有った為、お見舞いに行こうと考えていたようです。

ところが、

なかなか仕事が忙しく、お見舞いに行けず、

やっとお見舞いに行けた時、

ご友人は 〝 虫の息 " だった。

親戚等集まる中で、ベッドサイドに案内され、

ある親戚に聞かれたそうです。


【 どのようなご関係の方ですか? 】

【古くからの友人です】

【あら、そうでしたか。。。】

etc........

【お仕事は何を。。。】

【葬儀屋をしております】


そういった瞬間、いままでほころんでいた空気が一瞬にして張りつめ、心無い一言が爆発した。。。


『 あなたはこの人が死ぬのを待っているのかっ!! 』

  『 そんなんできたんじゃない!! 』  

と正論をぶつけましたが、

激昂した親戚の方は、収まらず、その場を後にしたそうです。

写真


なんともいえない、時代錯誤な話で
私は、そのご親戚に対し、気持ちよく聞ける話ではありませんでしたが、


末期の混乱の中、
もうすぐ亡くなる人は1人だけ。
しかし、
その人に対して
抱えている想いっていうのは
1人1人違う訳です。



ましてや、1人の人間が、
目の前から消えてしまうかもしれない
その時ってのは
尋常じゃないくらい
感情的になり、感情が溢れ出る事を知る、エピソードだ



社長は語っていました。


ともかく、
私は思う訳です。。。

そんな心境の中で、

葬儀社を選ぶという
超現実的な死の迎い入れ
 は辛すぎます。。。


事前に葬儀社くらい決めておいた方が、

私個人的には、絶対いいと思う。

スポンサーサイト
プロフィール

葬儀屋おっさん

Author:葬儀屋おっさん
大阪住吉区にある街の葬儀屋さん
フューネス・イフ大翔(ダイショウ) 
に入社した
おっさんのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。