スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心境の変化について

最近は寒くなったり、ぬくくなったり、
なんだかよくわからん気候やなぁと感じつつ。。。


ここは大阪 住吉区のとある葬儀屋。
私は入社1年1ヵ月の新入おっさんだ。


最近葬儀を行う中、ちょっと気になる事があった。
私の中の変化だ。 
賛否両論あると思うが、その事についてちょっと書いてみようと思う。


入社当初、諸先輩方から〝葬儀屋の鉄則″として、よく言われていた事がある。

『 首を突っ込み過ぎない事。 』

反面、親身になってお世話をする事も求められるので、その境も曖昧で、その言葉になんだか冷たい印象を受けた。

①お寺さんとのやりとりにあまり口を出さない、
②家族の中の事は困っていても、中に入らない、
③決定事項は一緒に悩むのでなく、あくまで家族側に決めてもらう

等。

仕事といえど、素っ気ないのではないか。。。
人生最後の場面で、右も左もわからない状況であった場合、頼られるのは葬儀屋の役柄ではないのか?

と感じたのである。

例えば。。。

①お寺さんの事なんかわからない、お布施の金額が高い、とか、
 お家からしたら、経験のある葬儀屋が、知ってる知恵を振り絞って、お寺さんとの間に入って、一番いい形を作ってあ げれば お家の人も喜んでもらえるだろうし、
②誰を呼ぶか、どんな葬式にしたいのか、なども、お家の事情を考慮したうえで、いろんな経験を元に、こうした方が良 いのでは?という提案をして差し上げたり、
③お家の方が何か決まらない場合も、こうしたらどうか、ああすればどうか、という提案をさしあげたり。。

そういう熱い葬儀屋がいてもいいじゃないか!!と思っていたのである。
『 感動葬儀 』という言葉があるが、ある意味それは正しいと思っていた。

しかし、葬儀を何件もこなして行くうちに、『首を突っ込みすぎるな』の意味が解ってきた。
自己満で終わる可能性が大きいのである。
親族側が本当にそこを求めているか、見極めが出来ないから。


昨日まで全く知り合う事のなかった葬儀屋の人間が、たまたま家庭内の事情、故人の死因や関係性、様々な人には見せたく無い様な事も知ってしまう状況の中で、皆が優しく寄り添う事を当たり前に求めているか? というとそうではなかったのである。

早い話、何も知らない人間が何を?!

となるのはむしろ流れ。。。

お客様は 我々葬儀社に 葬儀の依頼をしているのであって、悩みや心の傷の改善などを依頼してない。

その事実にちょっと触れただけで、自分の問題のように一生懸命考えてくれるのは良いけども、
そこまではちょっと求めてないかなぁ。。。。 という考えは誰しもが感じる事だ。
私だってそうだ。


そして入り込み過ぎたり、良かれと思ってやった事というのは、その思いとは裏腹にクレームとなって帰ってくることがあるということ。 しかも結構大きなクレームとなって。

今まで築いてきた 信頼関係 をも無くす結果になり兼ねない。
仕事としてみれば、それは大きな損失だ。


他社の事例ではあるが、とても分かりやすいクレームがある。


あるお家で自宅葬を行った。

『 なるべくお金を掛けず、こじんまりと、知った人達だけで送りたい。 』

よくある依頼だ。  まるでマニュアルでもあるかの様に、よく聞く。
だから、この依頼を聞く側によって、お葬式のイメージも全然変わってくる。

その担当者は淡々と準備をこなしていったのだが、自宅で行うと当然近所の眼が釘付けになる。

準備しつつも、近所の人が聞きに来る中で、担当は、家族の意思を尊重し、近親者のみで行うと告げて言った。
喪主様には、近所の人たちが聞きに来ているので、こう対応している旨を伝え、それで良いかを確認し、了解を頂いた。

そして、
『 すごく仲が良かったので、どうしてもお参りをしたい 』という人達に出会う。
故人とは昔からの友人で、どうしても参加したい旨を聞き、故人とのエピソードも聞いた。
家族さんが知りえない、故人の側面を垣間見るとても良いエピソードだったらしい。

そこで担当は、葬儀の際、故人を偲ぶ、喪主様へのサプライズとしてご友人の参加を企画したのだった。
式中、突然のエピソード紹介に、涙する喪主様の姿があり、無事ご友人も参加できた。

式終了時も喪主様から 『 ありがとう 』 と言われ、担当は満ち足りていただろう。。。


後日、その担当へ1本の電話が鳴る。。。。

その時の親族様から、 『 なんであんな事してくれたんだっ !! 』  と。

?!?!?!?!

その理由はこうだった。
あのエピソードが気になった喪主様は詳しい話を、そのご友人から聞いたそうだ。
しかし、そのエピソードには、喪主様が知らなくても良かった情報までもがおまけでくっついてきたそうだ。。

それで気を病んでしまった、、と。



確かに葬儀会場に〝感動”は与えられた。
良い葬儀と評価を得た。

良かれと皆が思ったのに、突然手のひらが返された。。。
その家族からは二度と葬儀依頼は来ない。 


葬儀屋として、悲しみの淵に立たされている喪主が、しっかり故人をおくれる様に寄り添う心は必要だ。
しかし、親族でも、友人でもない我々には、事情を知っても、どこが一線なのかを見極め、踏み込まないようにする事も
結果、親族様のプライバシーをしっかり守ることに繋がるのだと感じ、筆を置く次第。  おそまつ。


スポンサーサイト

意外と知らない祭壇周り

2月、3月とバタバタが続いている。
それも消費税8%が影響しているのは間違いない。
値段改訂。。。印刷物の改訂。。。


ここは大阪 住吉区のとある葬儀屋。
私は入社1年1ヵ月の新入おっさんだ。


私の朝の日課は掃除から始まる。


チラシ看板を出し、新聞を取出し、店前はもちろん、周辺の歩道にゴミがあれば掃く。
外置きの灰皿を水洗いし、仏前に供える 『 しきみ 』 の手入れをする。
それから、室内の清掃に入る。

しきみの水を替え、バサバサ振ると、枯れそうな葉が落ちる。

手入れも終わり、ふと見ると、しきみの花のつぼみが付いていた。
それがなんとも、不思議なものに見え、おもわず、写真を撮ってしまった。

その写真がこれだ。
しきみどくろ

ドクロがウインクして泣き笑いしている様に見えないだろうか?

見ずらいので、解説。

しきみどくろ







見えるっちゃあ見えるが、見えないっちゃあ見えないか。。。




『しきみ 樒 』 はこんな植物だ。 ご存じの方もいらっしゃるだろう。
しきみ
常緑樹で花の様にすぐ枯れたりしないし、葉が艶々としているので仏前にはよく飾られる。
白い小さな花とドングリをつぶしたような小さい実がつく。

この辺りでは 『 しき 』と言っているのをよく耳にする。

弊社の社長は なぜか切ってあるしきみを『1本バラ』 という。 薔薇からきているのか、バラ(半端)から来ているかは定かではない。。。


私等、葬儀屋の使い方としては、ご遺体をご安置する際、1本しきみを故人にお供えする。
宗派によっては、花祭壇でなく、しきみの祭壇にする宗派もあるし、外に飾る門前飾り(花輪ともいう)にしきみを使ったりする。
また、お葬式のお別れの時、 『 末期の水 』 の時に葉1枚を使う。

『 末期の水 』 とは、故人の唇に水やお酒をちょんとつけて、喉の渇きを癒してもらうという考えだ。
喪主様から順に、親族様に行っていただくのだ。

だから、葬儀屋にとって必需品なわけだ。

ちょっと調べてみると、しきみに関して、おもしろい記述を見つけた。


 なんと、、しきみは有毒の植物だということ
しかも、劇物扱いだ
特に実がすごいらしく、実は甘く、食べると手足を突っ張ってけいれんする症状が出るらしい。
食べないが。。。。60~120コ食べると中毒症状が出、死に至ることも。  食べないが。。。

 
そんな悪魔のような実から『 悪しき実 』が名前の由来ということだ。
仏前に供えるものが 『悪しき実』 だとは。。。

確かに、幼少のころ、田舎に住んでいたが、しきみを触った後はしっかり手を洗え と教えられた。
私は毎日しきみを触ってはいるが、玄関先でケイレンしたことはないので、茎や葉の毒性は短時間触る程度は問題ないと思う。

なぜ『 悪しき実 』を仏前なのか?
その昔、伝教大師が。。。。。。という難しい話はさておき。。。

平安時代から、仏事にもっぱら利用されている実績もさることながら、実用的な目的もあってのことだ。

しきみは香木だ。 特有の清々しい匂いがある。
燃やすと死臭を隠すほど匂いがでる(嫌な臭いではない)事から、棺の中に敷き詰めたりした。いわば消臭剤だ。
今ではご遺体専用の消臭剤もあり、それを使うが、昭和の頃まで、臭いがきついご遺体の時はしきみを使っていた、と番頭から聞いた事がある。

それと、今では火葬は当たり前になっているが、その昔は土葬が主流だった。

動物は、しきみの臭いを嫌い、葉を食い荒らす事で有名な鹿も絶対食べない。
死臭に敏感なカラス、墓を荒らす野良犬やはたまたオオカミの類もしきみの匂いを嫌った為、
墓前にしきみや、墓苑、お寺の周りにしきみが植えてあるのは、そういった理由があったようだ。


『魔を追い払う』 という魔除け的な意味合いも兼ねて、
『 死者を護る神聖な植物 』 = しきみ 。

なるほど。。。 

明日からしきみの手入れをする時は、
『 水が冷たいなぁ 』 とか あまり思わないようにしよう、

となんとなく決意しつつ、筆を置く次第。おそまつ。










 

意外と知らない祭壇

また寒さが戻ってきたようだ。
風が冷たいが、春はもうすぐ。
なぜなら、花がムズムズし始めたからだ。。。。

そう。  私は花粉症。。。。


ここは大阪 住吉区のとある葬儀屋。
私は入社1年1か月の新入おっさんだ。


昨日は雛祭り。
弊社の番頭は酒が好き。
雛祭りにかこつけて、ドンチャンしたようだ。
腫れぼったい眼が、昨晩の深酒ぶりを物語っていた。

我が家では、1歳1か月になる愛娘の雛祭りだ。
ひな祭り

初めて見るお雛様・お内裏様は、
娘の好きなTVの前に鎮座し、触ってはいけない雰囲気を感じたのだろう。
じっと見つめていた。


雛と蓮じっと見る蓮







ケーキはリクローおじさんのチーズケーキ。
ちらし寿司も酢薄めで用意してあげたが、どうやら酸っぱいのはまだ苦手らしい。
最愛の妻お手製の豆腐ハンバーグをペロリした後、ちらしは少々、リクロはバクバク。早く大きくなって欲しいような、そうで無い様な。。。。

皆さんがお葬式の会場に訪れて、先ず目につくもの。。。
それは祭壇だろう。

昔ながらの和風、花いっぱいのもの、アレンジしてあるデザインものなど、多種に及ぶ。
会館に常備して、あまり変化のない某葬儀社はさておき、
祭壇には基本モデルはあるものの、同じものは無い。 
ちなみに弊社は花いっぱいの花祭壇だ。

では 『 祭壇ってどんなんでした? 』 って聞かれると意外に解らない。

TVで見る、芸能人のお葬式を思い出して頂きたい。無題


お花が飾ってあって、
その前で誰かが挨拶してて、
霊柩車がパーーーーンとクラクション鳴らして。。。

お花と故人の写真が飾ってある部分、それが祭壇だ
祭壇は、〝お葬式の顔”だけあって、葬儀費用の中でもメインとなる。
それだけに葬儀社、故人様、親族様にとっても、思い入れが強い部分であるので、それぞれの特徴がある。

故人様、親族様の好きだったもの、思い入れが強かった事などを祭壇に取り入れるケースがよくある。

ゴルフ好きな故人の為に、、、
と用意された祭壇はこんな感じだ。
imagesV7XXFPPS.jpg
まるで本コースにいるかのような爽やかさが、お葬式独特のもの哀しい雰囲気から一変して、思わず『わぁ~すごい!!』となるのは、十分感じて頂けるだろう。


関西ならではの祭壇はこれだ。
無題1imagesM1V9Q6KS.jpg





虎と言えば 阪神タイガース。 ここまでではないが、阪神タイガースグッズを並べたり、ポスターを貼ったりするのは
関西ではよくある。 お別れの時に阪神の応援歌、 『六甲おろし』 をBGMに。。


アンパンマンの親、故やなせたかしさんのお別れ会の祭壇はとっても明るい。
imagesJKHBB2RT.jpg
小さい子でもお別れできるように、いっぱいのぬいぐるみ、明るい配色、お別れでなく、95歳おめでとう!というメッセージがお別れ会でなく、誕生日会みたいだ。アンパンマンにお世話になった方、いっぱいおられると思う。

無題3



アンパンマンにちなんだ花祭壇。





無題b3833a5e-s.jpg無題2
こんな祭壇もある。 
ニッコリしているわんにゃん花祭壇。
ホッコリできる温泉の花祭壇。
ホームラン花祭壇。
打球が果てしなく飛んで行ってる演出が憎い。


imagesIQDCE0Z0.jpg 


バイクレーサーの愛機(乗っていたマシン)が飾られることもある。車はさすがに会場に入らないので無理があるが、単車なら会場を選定すれば入れる事が出来る。

abetti.png
これは私もファンだった ノリックこと阿部選手の祭壇。
チョッ速、テクニックの持ち主で、世界の一流ライダーが誰しも認める日本人だった。
小さい頃から神童といわれ、小生意気だったが、18歳で日本一になる、デビュー戦でいきなり世界の強豪をカモって残り3周でリタイアなど、半端じゃなかった。
最後はサーキットではなく、Uターン禁止の場所で急にUターンしてきたコンビニ配送のトラックに衝突して病院で亡くなった。

最後は今一番旬な祭壇だろう。
大阪のリーガロイヤルホテルで盛大に行われたやしきたかじんさんのお別れ会。
一体いくら掛かっているのだろう?!とびっくりするくらいの祭壇だ。
やしきたかじん は関西では超有名人で、よく『たかじんnoばー』をTVで見た時、酒を飲みながら、なんの遠慮もなく
TVでしゃべくり倒すたかじんを見て、『すげぇおっさんや。。。』 と感銘したのを覚えている 笑
あの世でもあの調子でやっているんだろうなぁ。
ご冥福をお祈り申し上げます。
images1S975NN4.jpg


祭壇には、故人と残った人たちの、気持ちの面でお別れのできる、不思議な力が備わっている事を感じ、筆を置く次第。
おそまつ。








プロフィール

葬儀屋おっさん

Author:葬儀屋おっさん
大阪住吉区にある街の葬儀屋さん
フューネス・イフ大翔(ダイショウ) 
に入社した
おっさんのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。