スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

③いいなぁと思うお葬式

2月に入り、だいぶん忙しくなっています。

私等 葬儀屋 が忙しくなるという事は、それだけ沢山の方が亡くなっているという事

忙しくない方が良いのでしょうが、無くてはならない仕事だと、感じています。。。
20071225no1000.jpg



ここは大阪・住吉区のとある葬儀屋。。。

私は入社2年を迎えた新入おっさんだ。


ここ最近、家族葬、直葬、と
お金を掛けない、お金を掛けたくない という
お葬式は常道になりつつあります。



そんな中、あるお葬式がありました。

故人を最高の祭壇で送ってあげたい。。。

依頼を受けたお仕事はそんなお葬式でした。


そこには、故人様に対する、家族のいろんな想いが詰まっており、

もちろん対外的な事もあったでしょうが、

その方が生きてきた証として

まさにぴったりなお葬式であったなぁと感じます。

神秘的な朝日1


実は、故人様、ご存命の頃、私もお会いしていました。
まだ入って間もない頃でした。

親戚の多いおうち では、親族の昇順というものがあります。

何処が本家で、どこが分家で、

誰が上になって、誰が下になるか、

とってもややこしい  ので、

家族葬では割愛する事が多いのですが、

またそれを ドンピシャと判断できる人 も少なくなってきています。

故人様はまさに 親族の長たる存在 で、

焼香順位を決定できる程、威厳を持っている方でした。

snap_daisyo01_201524145952.jpg



指定された斎場は生憎も混みあい、

3~4日ほど、待たねばいけない状況でしたが、

喪主様と相談し、

その間も、24時間付き添えるお部屋をご用意し、

おくりびと にも手配を掛け、

最高の納棺をご用意致しました
kimono.jpg


3~4日空いたことで、その部屋だけが
ゆっくりと時間が流れている 
日常生活から解き放たれた空間の様に思えたぐらい、
不思議な感覚を感じました。

喪主様も同じように感じられていたことを後からお聞きし、
ゆっくりとお別れができた、とおっしゃっていました。


式も予想以上の花祭壇をご準備する事が出来、
喪主様から、

本当に良いお葬式でした。

とお声掛け頂いた時には、

こみ上げるものを感じていました。。。


それなりの金額はかかっているものの、
色んなタイミングが良い方向に向かい、
ご当家にご満足頂けるお葬式が出来た、
と感じた、そんなお葬式でした。。。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

葬儀屋おっさん

Author:葬儀屋おっさん
大阪住吉区にある街の葬儀屋さん
フューネス・イフ大翔(ダイショウ) 
に入社した
おっさんのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。